今日は大納言をことこと煮てみました。
煮方は、袋に書いてあるとおりに、水から煮ました。

IMG_1591.jpg

いつも固い感じなので、少しだけ長めに煮て、豆の形を崩さないように
ことこと煮ます。

IMG_1589.jpg

できあがり。
使用したのは、スーパーのピアゴで購入したものです。
自分で煮てみると、どれだけの砂糖でこの甘さになるのか、がよくわかり、
市販品の餡の甘さにぞっとすることもありますが、それはそれ(笑)。

だんだん抹茶や草餅が食べたい季節に。
抹茶+餡の、パフェやケイクにひかれます。

ちなみに、今回作った煮豆は、コーヒーと一緒に少しずつ食べる予定。
コメダのモーニングみたく、自宅で小倉トーストとか♪
かなり多いので、小分けに冷凍して少しずつ食べることにしました。


こちらのケーキが大好き。
辻口さんの店は多いけど、アクアイグニスの味が好きです。

・「賛否両論」
 鯛茶漬けを注文。
 あんまりテレビで放映するものだから、影響されて。
 味は、ちょっと期待しすぎちゃいました。
 最近のグルメ番組は、芸人さんがオーバーリアクションで伝えることが
 多いけど、そんなにしょっちゅう感動するものではないですね。
 やっぱりコースでないとダメなのかな?

IMG_1612.jpg

 別の日に行った友人は、ここの「ポテトサラダ」がオススメだそう。
 また機会があれば食べてみたいです。


・「片岡温泉」
 実は、温泉苦手。スーパー銭湯とかも。家でもシャワーのみ。
 今回は観光バスがなく、すいていたので入ってみました。

 なかはきれいで、お茶のボディソープの香りがいい。
 お湯はゆるめで、少しぬるぬるした感じ。
 めずらしくゆっくり入ったので、のぼせてしまいました。
 更衣室の混雑も苦手だけど、すいていたので良かった~。


・「コンフィチュールドアッシュ」。
 こちらのケーキは好きなものが多い。
 今回は、イチゴの時期ということもあり、イチゴショートなどをチョイス。

 やっぱりオイシイ!!!
 イチゴも生クリームもおいしい。生地もふわふわ。
 なんでこんなに池下店と味が違うの!?
 生クリームが違うの? そんなわけはないだろうけど、そう思ってしまう。
 イチゴのうまさは、イチゴ農園があるから、もちろんオイシイです♪

IMG_1616.jpg



ダイエットは完全に失敗中・・・
自分で作ったものは、冷凍したり、人にあげたりしてるけど、それ以外に
買って食べちゃってるもんな~。
季節ものは、「今だけだから・・・」って、理由つけて。

1か月くらいはガマンできたんですけど、なかなか体重落ちないと続かない
ですね。夏になったらやります(笑)

☆以前作ったボンボンショコラ。
 保存温度は18度を超えないので、常温でOK。


IMG_1565.jpg

いままで、ボンボンショコラをこんなにじっくり味わったことはなかった
ので、出来立ての味より、少し時間がたった方が美味しくなるなんて
知りませんでした。

チョコレートの75%は、そのままで食べるより、生クリームと合わせた
方が苦みが強く感じられたけど、時間がたつにつれ、とげとげしい感じ
がなくなり、調和が感じられる。

コアントローを入れた方は、日にちがたつほどに後味で酒の風味を強く
感じるように。お酒に弱い方は、口に入れた瞬間にわかるはず。

今回少し大きく作りすぎてしまった感じ。
チョコレート自体の味がしっかりしているので、もっと少量を、口の
中でゆっくり溶かして味わいたい。
課題はトランペが厚いこと。ガナッシュのまわりにつけたチョコレート
の層が厚いので、口どけが悪く、くどく感じる。



ちなみに、チョコレートの販売員が 「出来立てですよ~」と言った場合
、解凍したてという意味で、”お店で作ったばかり” というわけでは
ないことがほとんどです。瞬間冷凍庫(ショックフリーザー)などの最新
機器により、作りたての鮮度を保つことができるとされています。

ですが、解凍する時に結露するなど、そこで状態が悪くなることが多い
ので、買ってきたチョコレートは早めに食べた方いいです。

美味しく食べれればもちろん問題ないけど、こうやって、出来立てから、
日数がたっていく味の変化を感じられるのは、幸せなことだなあと思い
ました。


いつもはミルクチョコレートで作るイチジクの生チョコを、
ダークで試作。中にいれるイチジクを甘めの赤ワインで
煮て、細かく刻んで入れました。

・チョコレートはマルゥのベトナム65%。
・ドライのイチジクを、シナモン・アニスを入れた赤ワインに、
 少量の砂糖を入れ、軽く煮て、瓶詰して一晩おきました。
・他は、生クリーム、転化糖(トリモリン)、無塩バター。

IMG_1579.jpg

沸騰間際の生クリームにトレモリンを溶かし、削ったチョコレ
ートに注ぎます。

IMG_1582.jpg

少しおき、ゴムベラで中心からゆっくり混ぜ合わせ、半分くらい
乳化できたら、周りも少しずつあわせ、混ぜ合わせます。

IMG_1584.jpg

今回は小さなトレーに流して、一晩常温におきました。
ココアをまぶしてカット。イチジクのプチプチがいいアクセントに!
生チョコ表面の縦線は、常温においている時に縮んだあとです。

IMG_1586.jpg


 味の感想 
 ミルクチョコのが合うかな~? と思ったけど、こちらも美味しい♪
 甘さ控えめのチョコレートに、甘めに煮たイチジクが、
 「ここにいるよ~!」
 って主張してる ミルクとダークの2種類つくって箱詰めしたい。 
 というか、自分で食べたい。

 いつもドライフルーツを利用してるけど、セミドライのイチジクを
 合わせたらどうだろう?
 赤ワインで煮ないで、赤ワインに漬けこむだけなら?

 いろいろ試したあげくに、最初の作り方に戻ることもあるけど、
 もし商品化するならいろいろやってみたいお菓子でした。  




辛口の日本酒入りの生チョコを試作。
普段日本酒は飲まないので、失敗しないように試しに少量。


↓日本酒は店でしか飲まないので、銘柄とかよくわかりません。
 良くはないかもしれないけど、スーパーで購入。
 味は水っぽく飲みやすい。くせはないです。
 チョコに少量入れて味がするかなあ・・・?

IMG_1571.jpg

室温は14度くらい。作業しやすい環境です。
チョコレートは、マルゥのベトナム65%。
すっきりした甘さで、今回のくせのない日本酒には合いそう。

IMG_1578.jpg

ガナッシュを作り、常温で12時間以上固め、カットしやすいように
少し冷蔵庫へ。カットしたらココアをまぶし、すぐにたべない分は
冷凍庫へ。なるべく結露を防ぐために、ラップをぴっちりして容器
にいれます。

ボンボンショコラと違い、まわりにチョコレートをコーティングしてい
ないので、常温では日持ちがしないし、冷蔵庫は他の匂いがつく
恐れがあり、冷凍庫へ。

 さて味は? 
 ・・・予想していたことですが、日本酒がうすい。
 食感は柔らかく、これ以上日本酒を入れるなら、生クリームを減
 らさないと。それに、もう少し味のしっかりした日本酒を使う必要
 があるようです。

 チョコレートはオイシイので、日本酒の生チョコとしてはイマイチ
 ですが、生チョコとしてはとても美味しく食べれました♪

 なかなか機会はないですが、もしオイシイ日本酒が手に入ったら
 また作ってみようと思います。